HOME > 著者 > 岩明均

岩明均

共有

岩明 均(いわあき ひとし、1960年7月28日 - )は、日本の漫画家。東京都出身。男性。和光大学中退。本名、岩城 均。父親は和光大学名誉教授の岩城正夫。

1985年、ちばてつや賞に入選した「ゴミの海」が『モーニングオープン増刊』(講談社)に掲載され、デビュー。主に『月刊アフタヌーン』などの講談社の雑誌で活動。代表作に『寄生獣』など。デビュー前は、上村一夫のアシスタントをしていた。学生時代には父の著書に挿絵を提供したこともある。

端正な絵柄とは裏腹の残虐描写を特徴とするが、ストーリーは哲学的でまたドラマティックな展開がされる。近年は歴史に題材を取った作品が多い。

『寄生獣』で1993年に第17回講談社漫画賞、1996年に第27回星雲賞コミック部門受賞。

漫画家の須賀原洋行とは親交がある。ともに『月刊アフタヌーン』に連載していたこともあり、『よしえサン』の単行本巻末に特別寄稿として、須賀原をモチーフにした読切作品を掲載した事もある。一方須賀原も『寄生獣』単行本巻末に読切「寄生OL」を特別寄稿。さらに岩明を『それはエノキダ!』の主人公「榎田保」のモデルにしている。

略歴

  • 1985年:『ゴミの海』がちばてつや賞に入選しデビュー。
  • 1988年 - 1995年:『モーニングオープン増刊』、『月刊アフタヌーン』で、『寄生獣』を連載。
  • 1993年:第17回講談社漫画賞受賞(『寄生獣』)。
  • 1996年:第27回星雲賞コミック部門受賞(『寄生獣』)。
  • 2003年:『月刊アフタヌーン』で、『ヒストリエ』の連載を開始。

作品リスト

  • 風子のいる店(1985年 - 1988年、モーニング連載。1986年 - 1988年、モーニングKC、全4巻)
  • 骨の音(短編集。1990年、モーニングKC)
  • 寄生獣(1988年 - 1995年、モーニングオープン増刊→月刊アフタヌーン連載。1990年 - 1995年、アフタヌーンKC、全10巻)
  • 七夕の国(1996年 - 1999年、ビッグコミックスピリッツ(小学館)連載。1997年 - 1999年、ビッグコミックス、全4巻)
  • 雪の峠・剣の舞(中編集。2001年、KCDX)
  • ヘウレーカ(2001年 - 2002年、ヤングアニマル嵐(白泉社)連載。2002年、ジェッツコミックス(白泉社)、全1巻)
  • ヒストリエ(2003年 - 、月刊アフタヌーン連載中。2004年 - 、アフタヌーンKC、既刊6巻)

単行本未収録作品

  • 目を見て話せ(2003年、エース特濃(角川書店)Vol.1掲載)(2008年、コミックチャージ4号に再録)
  • 酒場紳士(1988年、THE OPEN B 10月25日号に掲載)

また、『ネオデビルマン』第2巻(講談社)に岩明均の1編(1996年、コミックガンマ(竹書房)掲載)が収録されている。

ko:이와아키 히토시

vi:Iwaaki Hitoshi