HOME > コミック > こどものおもちゃ

こどものおもちゃ/小花美穂

共有

著者: 小花美穂
巻数: 8巻

小花美穂の新刊
こどものおもちゃの新刊

最新刊『こどものおもちゃ 8



¥ 1
1998年発売
amazon売上ランキング: 278627位 出版社: 集英社
シリーズ: りぼんマスコットコミックス


twitterでのコメント (関係ないのに引っかかることもあります...)

gattaisensei 自分に子供が出来たら見せたいアニメがある。「クレヨン王国」、「こどものおもちゃ」、「ちっちゃな雪使いシュガー」、そして、「とらドラ!」
tomatymipo RT @yukisong_kano: 谷川史子さん作品全般 白波の幻想、この手をはなさない、こどものおもちゃ(小花美穂さん) 素敵にロマンス革命、不思議月夜は金の色、ドレッシーパンク(石本美穂さん) ちびまる子ちゃん(さくらももこさん) 岡田あーみんさん作品全般 #このタグを見…
04_kinumomen RT @gomafu_ks: グッドモーニングコール こどものおもちゃ 天使禁猟区 ご近所物語 CCさくら トウ・シューズ 神風怪盗ジャンヌ ミントな僕ら イオン HIGH SCORE ママレード・ボーイ 下弦の月 ゴッドチャイルド 快感フレーズ NANA #懐かしさを感じた…
koinoha_ 「そんでね、私の幸せには あんたが絶対必要なの」 【こどものおもちゃ/小花美穂】
yakitori_sasimi #この作品がなかったら今の自分は存在しなかったと言っても過言ではない作品を晒すべし 爆破男5 ポケモン ONE PIECE こどものおもちゃ スラムダンク

こどものおもちゃの既刊

名前発売年月
こどものおもちゃ 2 1995-09
こどものおもちゃ 3 1996-02
こどものおもちゃ 5 1996-12
こどものおもちゃ 6 1997-05
こどものおもちゃ 8 1998-03

こどものおもちゃ』は、小花美穂による少女漫画作品、またはこれを原作にしたテレビアニメ。少女漫画雑誌「りぼん」に連載された。単行本全10巻、完全版全7巻。また、作中に登場する映画「水の館」は番外編として単行本「水の館」がある。略称はこどちゃ

1998年に、第22回講談社漫画賞少女部門を受賞。

概要

学級崩壊、学校の抑圧性、少年犯罪、家庭崩壊、親の離婚、マスコミによる意識操作、バッシングなど現代の社会問題を「こども」の視点で語っている。

主人公の役どころは当時の芸能界で注目されていたチャイドルだった。子役スターを主人公とし、連載当初からアニメ放映時期の1996年頃にマッチした題材を扱っていた事もあり、いわゆるチャイドルブームに拍車をかけた。しかしそのブームは瞬く間に沈静化し、1998年頃には消滅した。漫画の連載最終巻頃にはあまり話題に上ることはなくなり、ひっそりとした最終巻を迎えている。最終巻の最終話ではチャイドルブームが沈静化して天才子役倉田紗南の人気も沈静化したというエピソードが描かれているが、これは同時に紗南の子役からの脱皮と心の成長を暗示した結末ともなっている。

あらすじ

人気タレント倉田紗南とそのクラスメイト兼大問題児羽山秋人を中心に進む学園ストーリー。

主な登場人物

声は、テレビアニメ版 / OVA版の順で記載。また、1名だけの記載の場合はテレビアニメ版のみで、OVA版には登場しなかった(または台詞がなかった)ことを示す。

倉田家

倉田 紗南(くらた サナ)
声 - 小田靜枝 / 横山智佐
本作の主人公。1983年3月7日生まれ(※アニメでは1985年)。うお座。O型。栗色のツインテールが特徴的で、そこそこの美人。劇団こまわり所属の人気タレント。最初は主にバラエティ番組を中心に活動していた。演技力を買われ、後に女優としても活躍し、映画「水の館」に幽霊・真子(まこ)役で主演する。実は捨て子で、実紗子との血の繋がりは無い。名前の由来は拾われた日から。玲とのこどもの恋愛によってかなりの恋愛オンチになるも、風花と秋人が付き合った事を機に、最終的には彼と両想いになる。登場人物達は、当時の子役タレント有田気恵らをモデルとしている。
仕事のせいか、とにかく忙しい。明るく元気で自分の犯したミスには言い訳はしない。いろいろと悩みはあるが、表に出すことは滅多にないハイテンションな性格。
明るく強い反面繊細なため、精神的病気(人形病)に罹る(アニメ版には無い)。
倉田 実紗子(くらた ミサコ)
声 - 木野花 / 稀代桜子
「ヒモと私」で青木賞を受賞した人気作家で、紗南の養母。4月1日生まれ。おひつじ座。AB型。紗南の出生の秘密を書いた「娘と私」を出版する。奇抜な髪型をしている美人で、破天荒な言動が目立ち、楽観的な性格。頭の上でシマリスのまろちゃんを飼っている(名付け親は紗南)。子供が出来にくい体質で、そのことが原因で18歳で結婚し20歳で離婚。以後、徹底的に変人として生きると決意した。「ヒモと私」のモデル(元夫)が、時々金を借りに来て困っている。
相模 玲(さがみ レイ)
声 - 内藤玲 / 菊池正美
紗南の専属マネージャー。9月23日生まれ。おとめ座。A型。高校の頃に交際していた来海麻子と別れ、災難続きの中を紗南に拾われた。紗南と麻子が共演したドラマがきっかけで、麻子との交際を再開する。
志村 チヨ(しむら ちよ)
声 - 天野慶子
倉田家の家政婦。実は実紗子の幼馴染み。後に実紗子はその事に気づくが、本人の方は知っていたらしい。

羽山家

羽山 秋人(はやま あきと)
声 - 中崎達也 / 緒方恵美
紗南のクラスメイト→彼氏。(アニメ版では最後まで正式には付き合っていない。)1982年10月12日(※アニメでは1984年)生まれ。てんびん座。B型。母親が自分を産んで亡くなったため姉から酷い扱いをされ続けていたために荒んだ性格になっていた。紗南と出会い徐々に心を開き、後に恋愛感情を持つ。

直澄からの発破(?)と校長の勧めにより、空手を始める。上達が速く、 茶帯に昇格する。寿司と恐竜が好き。恐竜が好きな理由は、幼い頃に行った恐竜展で父親が恐竜の置物を買ってくれたから。紗南が映画の長期ロケの間に、同じ幼稚園に通っていたファーストキスの相手(風花)と付き合うが・・・。

停学処分を受けているが、実際には法律で小中学生に対する停学処分は禁止されている。
羽山 冬騎(はやま ふゆき)
声 - 松山鷹志 / 小室正幸
夏美・秋人の父。有名コンピューター会社に勤務している。えらが張っていて痩せている。昔はワルだったらしい。
羽山 夏美(はやま なつみ)
声 - 岡村明美 / 根谷美智子
秋人より3歳上の姉。母が亡くなった原因(弟)を強く憎み、弟を悪魔と呼び忌み嫌っていた。後に紗南の協力もあり、姉弟の仲も徐々に改善していった。頭脳明晰で、国立大付属の高校に通っている。
羽山 小春(はやま こはる)
声 - 南央美
夏美・秋人の母。息子の出産と同時に亡くなる。夫と共に昔はワルだった(アニメ版では、ワルではない)。生まれつき身体が弱かったらしい。

クラスメイト

大木 剛→佐々木 剛(おおき つよし→ささき つよし)
声 - 三澤真弓 / 高山みなみ
紗南のクラスメイト。1982年7月18日生まれ(※アニメでは1984年)。かに座。A型。妹は碧乃(あおの)。羽山が心を許す数少ない友人で、幼稚園の頃からの幼馴染。両親の離婚により途中で母方の姓に。普段は温厚だがキレると手がつけられず、羽山にチョップされるまで止まらない。キレる頻度は5年生までは1年に1回程度だったが、6年生に上がって以降作中では何度もキレている。プレゼントに非常に弱い。亜矢とは恋仲。
杉田 亜矢(すぎた あや)
声 - 菊地晶子
紗南の友達。1983年2月10日生まれ(※アニメでは1985年)。みずがめ座。O型。プレゼントに弱い剛にクッキーをあげた事で両想いに。剛と付き合い始めると、よく惚気る。
熊谷 ひさえ(くまがい -)
声 - 菊池由美子
紗南の友達。仕事が忙しすぎて自分の誕生日パーティーに来られなかった紗南を、クラスから仲間外れにしようとするも、結局和解する。
松井 風花(まつい ふうか)
声 - 生駒治美
1982年12月24日生まれ(※アニメでは1984年)。やぎ座。O型。中学校のトイレで出会い、後に紗南の大親友となる。小学生時に大阪に住んでいた事から大阪弁で話す。羽山や剛とは幼稚園が一緒の幼馴染み。秋人のファーストキスの相手(実は彼らの賭けの対象)。紗南が映画の長期ロケの間に羽山と付き合うが、後に別れる。その後、小学生時に流れた噂が誤解

でぎこちない関係になっていた、高石とはよりを戻しつつある(アニメ版では、完全によりを戻した)。幼稚園の頃羽山に呼ばれていた愛称(?)は、ブーカ。 

小森 和之(こもり かずゆき)
羽山達のクラスメイト。内気で大人しい性格で、毅然とした態度の羽山に憧れていて、後に羽山のマブダチとなる。
アニメには登場しないが中尾翔太が似た立場で登場する。
鈴木まみ(すずき -)
声 - 仲尾あづさ
五味真一(ごみ しんいち)
声 - 広田正宣
紗南のクラスメイトで、羽山の部下。一時的には先生いびりをしていたが、即頓挫。
アニメでは母親にムリヤリ難関私立中学のために受験勉強をさせられていたが、最終的には紗南たちと同じ中学に進級した。
伊丹壯十郎
声 - 天野慶子
安田幸弘
声 - 西森瑞絵→竹内順子
小島正平
声 - 松本吉朗

その他

明石家 よんま(あかしや -)
明石家さんまをモチーフに、同じくあっぱれさんま大先生をモチーフとした架空のバラエティ番組「こどものおもちゃ」の先生役で司会進行。
アニメ版ではぜんじろう(声 - ぜんじろう本人)という名前で登場。後続番組「おばはんのおもちゃ」でも司会を担当した。
来海 麻子(くるみ あさこ)
声 - 仲尾あづさ / 岡村明美
女優。紗南が最初に出演したドラマの共演者。5月20日生まれ。おうし座。A型。初主演の映画で主演女優賞を獲得するも、失敗。学生の頃に玲と交際していたが、芸能界を優先し別れる。後に紗南との共演がきっかけで交際を再開する。
加村 直澄(かむら なおずみ)
声 - 南央美
紗南と同年代の超売れっ子タレント。1982年2月10日生まれ(※アニメでは1984年)。みずがめ座。A型。紗南との恋人関係の噂が絶えない。ハーフのようだが、どこの国の血が混じっているかは不明(アニメ版では父親はアメリカ人)。産まれて間もなく親に捨てられた過去を持ち、紗南とは同じ養護施設で、わずかな期間一緒に暮らしていた。趣味はトランペットで情熱や焦燥を楽器で表現する。紗南と付き合っていると勘違いした熱烈なファンが映画撮影中に紗南を襲撃する事件もあった。
恩多 武蔵(おんだ たけぞう)
声 - 石川正明→森訓久
倉田実紗子の担当編集者。通称・恩多さん。〆切に間に合わせるためなら、実紗子を追って何処へでも行く。
鹿島 良助(かしま りょうすけ)
声 - 津田健次郎
実紗子の元夫であり、ヒモ。別れたにもかかわらず、金を借りに来る、どうしようもない男。ギャンブル好き。
小野 幹雄(おの みきお)
声 - 松山鷹志
若手映画監督。映画に命を賭けており、時に役者の生命にも関わるような危険な事もやらせる。紗南と直澄が主演した「水の館」で日本マカダミアン映画祭最優秀監督賞受賞。
坂井 佳子(さかい けいこ)
声 - 土井美加
1969年生まれ(アニメでは1971年生まれ) 紗南の実母で容姿は長女と瓜二つ。14歳の時に叔父との子を妊娠し、一人で出産した後、公園のベンチに紗南を置き去りにした。現在では、普通の家庭を持ち、娘がいる。
アニメ版では紗南の父親は五条武史である。
坂井 まり子(さかい まりこ)
声 - 齋藤彩夏
佳子の娘で紗南の異父妹

。紗南のファン。1991年生まれ(アニメ版は1993年生まれ)

アニメオリジナルのキャラクター(小学生編、中学生編)

ばびっと
声 - 引田とも子(TOMO)、一部は赤土眞弓が担当
悪魔のような羽ではばたき言葉を喋る、謎の生物。当初は白コウモリと呼ばれる。ばびっとの名前は、読者からの公募で決定された。アニメ版での重要なツッコミ役を担う。ストーリーへの関与は禁じられているが、黒崎に脅され、一度だけ禁を破った。また、声優のTOMOが実名で登場した際、TOMOはかけ声一つでばびっとを自由に操っていた。「ばびっと数え歌」なる持ち歌を持つ。
東大和実吉(ひがしやまと さねきち)
声 - 大地丙太郎
ぜんじろうのマネージャー。ぜんじろうからは「実やん」と呼ばれている。
内山田くん(うちやまだ)
声 - 石井直子
バラエティ番組「こどものおもちゃ」で紗南と共演する生徒の1人。モデルは内山信二。ぜんじろうの隣にいる事が多い。
小花美穂(おばな みほ)
声 - 小林教子
20話に登場。良くあるダイジェスト回だが、番組内のクイズ番組という形式で放送した。台詞は「お・・・おばなです・・・」のみ。余談だが本編と関係ないような20話で紗南が得た賞品(ノピア)はその後の話で度々使用された。
幸司(こうじ)
声 - 長沢美樹
21話で登場。加村学園の生徒。苗字不明。愛称は「こーちゃん」。紗南曰く「昔の羽山にそっくり」。
キムチ タクヤ
声 - 上田祐司
30話に登場。ジャニーズユニット『SNYAP(スニャップ)』のメンバー。モデルは木村拓哉。一時期、ドラマで競演した麻子と熱愛発覚のガセネタを報道された。
倉田 静(くらた しずか)
声 - 京田尚子
29話、36話に登場。実紗子の母親。草津温泉「倉田屋」の女将。
片桐 三造(かたぎり)
声 - ショッカーO野
29話、36話に登場。倉田家の執事。
黒崎 利三(くろさき)
声 - 内田直哉
「ヘビレポーター」と呼ばれる凄腕の芸能記者で紗南と羽山、紗南と五條の関係などをいち早く見抜いた。ばびっとの天敵兼マブダチ(?)。
飛田 まゆ(とびた -)
声 - 麻生かほ里
小学生ユニット、「小六隊」のメンバー。詳しくは「小六隊」を参照。
綾乃花丸小路 智美(あやのはなまるこうじ ともみ)
声 - 西村知美
まゆ達と同じく、「小六隊」のメンバー。
津(つ)
声 - 坂東尚樹
「小六隊」や「夜更かしどさくさ劇場」などのプロデューサー。
五條 武史(ごじょう たけし)
声 - 高橋広司
深夜ドラマ「夜更かしどさくさ劇場」で紗南の父親役として共演する人物。手品や人を驚かすことが大好き。口癖は「驚いた?」。長年俳優業をしているがサボリ癖があるため、一度も何かを成し遂げた所が無かった。黒崎から自分が紗南の実父である

ことを含め説教され、「夜更かしどさくさ劇場」だけは成し遂げようとし、無理をして撮影に臨んだため病気が悪化し、亡くなる。以前は坂井佳子と相思相愛 で、俳優業を成功させるために突然アメリカに行った為、連絡がつかないまま12年が過ぎた。結局、失敗に終わった。

篠原ともえ(しのはら -)
声 - 篠原ともえ
中学生編からの主題歌を歌うのに合わせてか、中学生編(52話)に登場、リポーター役をしているものの、あまりのはちゃらけぶりが濃く印象に残りやすいキャラとなった。
中尾 翔太(なかお しょうた)
声 - 小西寛子
自分自身の存在や生きる意味を見出せず、自殺しようとしていた少年。アニメ版クライマックスでの重要人物。

アニメオリジナルのキャラクター(ニューヨーク編)

ゲイリー・ハミルトン
声 - 麦人
舞台のプロデューサーで加村直澄の実の父親。ニューヨークブロードウェイのキングと呼ばれている。
ミシェル・ハミルトン
声 - 榊原良子
ゲイリーの妻で、舞台インストラクター。ブロードウェイの女王で有名な振り付け師である。その昔、シンクロの女王だったらしい。
シシル・ハミルトン
声 - こおろぎさとみ
ハミルトン家の一人娘で、直澄の異母妹。不気味な(ばびっと曰く可愛らしい)笑い方をする。舞台中の事故で靱帯を切った事が原因で踊れなくなる。
ラムシー
声 - 天野慶子
ハミルトン家に雇われている家政婦。志村さんに似ている。ブラッドの母親。
ブラッド
声 - 中﨑達也
秋人にそっくりな少年。シシルを守るため紗南と直澄を日本へ帰らせようと嫌がらせをしていた。
ユウコ ミズグチ(漢字名不明)
声 - 天野由梨
直澄の実母。直澄を産んですぐに、彼を養護施設の加村学園の前に置き去りにする。最初は優しい母親を演じていたが、その本性は我侭そのもので、直澄に対する子の情愛はまるで無い。言動や振る舞いもヒステリックなものが多く、恋仲であったゲイリーからもその事に辟易され、去られてしまっている。直澄を利用してミュージカルの主役になろうとするも、自分の非を認めようとしないどころか、ワンマンで周囲にケチばかりつける横柄な振る舞いから、遂に周囲からも見放されて公演中止となった。
リック
声 - 江原正士
ユウコの恋人。マズイと評判のピザ屋で働いている。ユウコを大切に思ってはいるが、自らの実の子である直澄を自分の利益の為に平気で利用したりする彼女の冷淡な態度には、心を痛めている。その事で心に深い傷を負った直澄の事も気の毒に思っているが、自暴自棄になってしまったユウコを救いたいあまり、直澄に助けを求める。
バーナデット
声 - 江原正士
玲がアパートを探してる最中に知り合った人物。通称・バーニィ。世話好きでアパートの紹介や買い物、炊事などを全てしてくれる。踊れるバーガーショップのウェイトレス。

テレビアニメ

放送はテレビ東京系列で1996年4月5日から1998年3月27日まで全102話。放送時間は毎週金曜日午後6時から30分。放送期間は8クール(2年間)と近年では珍しく長期で、特に前半4クール第1話から第51話を「小学生編」、後半4クール第52話から第102話を「中学生編」と呼ぶ。

テレビアニメ版の特徴の1つとして、原作でも走り、暴れていた紗南がアニメでは更に歌い、踊りまくっている。紗南が歌う際に使用した「ノリノリマシーン」「ノピア」などのアイテムはトミーから商品化された。また、アニメ本編のBGMのサウンドトラックは3作発売された。

アニメ版のもう1つの特徴は、声優の大胆な起用法である。紗南役の小田靜枝は、当時広島拠点のローカルタレントであり(なお、広島県では本作品は広島テレビ放送[日本テレビ系]で放送)、東京進出後はDJとなっている。羽山役の中﨑達也は羽山の年齢に近い中学生だった。中﨑は声変わりの真っ只中でもあったため、作中の羽山の声も段々と大人のものに近付いていった。さらに、実紗子役の木野花は、舞台女優・演出家として知られていたが、この時点ではテレビ出演歴はほとんどなく、声優に至っては現在まで本作品が唯一である。

また、アニメ版の象徴と言えるのが「つっこみ役」として作られたキャラクター「ばびっと」である。要所要所で登場し、おかしなところに「つっこみ」を入れ、笑いを作っている。最初は白コウモリとして登場し、公募により名前が決定され、後半では「ばびっと数え歌」などの挿入歌を歌った。

芸能界という舞台設定から、アニメ版には実在芸能人も多数声をあてていた。準レギュラーとしてぜんじろうが本人役で声をあてていた他、ばびっとの声優であるTOMOが実名で、声優(綾乃花丸小路智美)役で西村知美が声をあてている。TOKIOの松岡昌宏、篠原ともえ、ショッカーO野が本人役で端役として登場。また、八嶋智人も端役で声をあてている。また、監督の大地丙太郎自身が、ぜんじろうのマネージャー東大和実吉役で準レギュラー出演していた。

アニメ版では至る所にパロディが入っている。原作コミックのあとがきとして書かれていた小花美穂(声・テレビ東京の担当プロデューサー小林教子)や罰ゲーム中の小花妹が、キャラや背景として登場する。また、テレビ東京系列での前々番組『赤ずきんチャチャ』や前番組で同じ大地丙太郎監督の『ナースエンジェルりりかSOS』のキャラクターを掛け合わせた「マジカルエンジェルSANA」も登場する(第3話・第90話など)。なお至るところに『ナースエンジェルりりかSOS』のキャラクターがカメオ出演したりしていた。アニメ後半では、同じく大地丙太郎が監督を手がけた『セクシーコマンドー外伝 すごいよ!!マサルさん』のパロディが多く登場する。アニメ最終回近くの「空手部作り」の話も『マサルさん』が元ネタになっている。『マサルさん』のオープニングには『こどちゃ』のパロディが登場する。

小学生編

「小学生編」前半は原作通りのストーリー、中盤はアニメオリジナルの単発ストーリーが続き、そこには原作では語られなかった「個々が持つ様々な心の傷のその後」が描かれている。後半は完全なアニメオリジナルシリーズ。倉田家の破産に始まり、紗南の実の父、五條武史の登場など『こどちゃ』の世界観を広げた。

放映リスト

放送日話数サブタイトル脚本コンテ演出作画監督
96.04.051私、ヒモいる小学生平見瞠大地丙太郎工藤裕加
96.04.122教室まるごとサルの山金春智子桜井弘明音地正行
96.04.193目ン玉歯ン玉作戦だ!丸尾みほ大地丙太郎和田裕一和田高明
96.04.264一匹狼ヒュールルル桶谷顕三條なみみ難波日登志馬場俊子
96.05.035羽山グレグレどこへ行く平見瞠桜井弘明音地正行
96.05.106親子丼バカまずくて食えん金春智子大地丙太郎
桜井弘明
和田裕一真庭秀明
96.05.177来海くるくる恋敵丸尾みほワタナベシンイチ大畑清隆林桂子
96.05.248ジュースまみれの初キッス桶谷顕高瀬節夫亀井隆
96.05.319ピンチピンチの紗南の恋平見瞠桜井弘明和田高明
96.06.0710恋はピヨピヨとんでった金春智子ワタナベシンイチ池端たかし馬場俊子
96.06.1411父よ、あなたは父だった丸尾みほ大地丙太郎和田裕一音地正行
96.06.2112今度は紗南がロンリーウルフ桶谷顕石山タカ明福多潤アベ正己
96.06.2813僕の名前が変わります平見瞠ワタナベシンイチ真庭秀明
96.07.0514約束の夏・その前編丸尾みほワタナベシンイチ大畑清隆馬場俊子
96.07.1215約束の夏・その続き金春智子藤森カズマ高瀬節夫亀井隆
96.07.1916ドキドキふたつあったとさ桶谷顕石山タカ明福多潤アベ正己
96.07.2617アッとたまげた母の本平見瞠和田裕一和田高明
96.08.0218腹ペコ二人がかくれんぼ丸尾みほ桜井弘明音地正行
96.08.0919娘泣く泣く母も泣く金春智子大地丙太郎和田裕一小林一三
96.08.1620紗南ちゃんクイズでイー感じ大地丙太郎
96.08.2321スモールサイズの羽山かも桶谷顕大畑清隆織田美浩馬場俊子
96.08.3022カラテな心と引退宣言平見瞠ワタナベシンイチ福多潤アベ正己
96.09.0623晴れときどき行方不明丸尾みほ藤森カズマ高瀬節夫亀井隆
96.09.1324算数人生ボケラッター金春智子和田裕一和田高明
96.09.2025心の傷のバンソーコー?桶谷顕桜井弘明音地正行
96.09.2726コケコッコーの朝は来る平見瞠玉野陽美森中正春
96.10.0427同情もしてカネかして丸尾みほワタナベシンイチ渡辺伸弘
96.10.1128らぶらぶ羽山父の歌金春智子高本宣弘福多潤アベ正己
96.10.1829やって来ました母の母平見瞠高瀬節夫亀井隆
96.10.2530私の彼はやせ我慢桶谷顕ワタナベシンイチ和田高明
96.11.0131へびが土足でヅーカヅカ丸尾みほ大地丙太郎桜井弘明望月謙
96.11.0832父よあなたはつかまった金春智子寺東克己渡辺健一郎渡辺信弘
96.11.1533愛はカレーの味がした桶谷顕高本宣弘音地正行
96.11.2234歌う心は3.2.1丸尾みほ大地丙太郎福多潤アベ正己
96.11.2935プレゼントにはワケがある平見瞠玉野陽美亀井隆
96.12.0636私を草津につれてってマツイヒトユキ渡辺はじめ
96.12.1337キスだ戦えカラテとラッパ金春智子藤森カズマ鈴木吉男望月謙
96.12.2038どきどきキスなクリスマスワタナベシンイチ音地正行
97.01.0339100匹ハヤガーりんぷんぷん平見瞠ワタナベシンイチ渡辺健一郎渡辺伸弘
ばびんがびびんがぼんばびぼー大地丙太郎
97.01.1040ある日突然家なき子桶谷顕杉島邦久福多潤浅沼昭弘
花輪弘昌
97.01.1741ホサレちゃったのあの人に丸尾みほ玉野陽美亀井隆
97.01.2442しめきりギリギリきりきりまい金春智子池端隆史鈴木吉男馬場俊子
97.01.3143オヤジのような彼だった平見瞠大関雅幸和田裕一氏家章雄
97.02.0744五味くん五味くんどこ行くのワタナベシンイチ音地正行
97.02.1445悲喜こもごものバレンタイン桶谷顕富字留渡辺健一郎渡辺伸弘
97.02.2146逃げた私が悪いのか丸尾みほ木村隆一阿部航
97.02.2847あなたとおんなじ屋根の下桶谷顕藤森カズマ福多潤アベ正己
97.03.0748父よ、あなたが父だった玉野陽美亀井隆
97.03.1449これがふたりのラストシーン平見瞠大地丙太郎小滝礼望月謙
97.03.2150涙なだれて春が来る金春智子ワタナベシンイチ音地正行
97.03.2851今日まで、そして明日から高橋良輔平典侍渡辺はじめ

中学生編

「中学生編」も前半は原作通りのストーリーだが、中盤からはアニメ完全オリジナルストーリーとなり、そのままシリーズ終了まで原作ストーリーとは全く違うものになった。ニューヨーク編において、原作では謎だった直澄の出生の秘密が語られている。終盤では基本的に個々のキャラクターを深める単発エピソードが主となった。最終回は原作とは違い、「今のこどもからおとなへ」という強烈なメッセージが込められた。

放映リスト

放送日話数サブタイトル脚本コンテ演出作画監督
97.04.0452トイレで出会った大親友丸尾みほ大地丙太郎渡辺健一郎渡辺伸弘
97.04.1153人生計画キッスでブッツン桶谷顕武藤裕治福多潤アベ正己
97.04.1854恋にはハンパな紗南だった平見瞠大関雅幸木村隆一阿部航
97.04.2555女優はお山にこもります丸尾みほ玉野陽美氏家章雄
望月謙
97.05.0256ホントにホントにホン気にホント桶谷顕鈴木吉男亀井隆
97.05.0957スシにつられてウソンコ彼氏平見瞠ワタナベシンイチ音地正行
97.05.1658お山にラブラブあったとさ丸尾みほ平典待和田裕一小西洋子
97.05.2359ケガも嵐も乗り越えて桶谷顕森脇真琴福多潤アベ正己
97.05.3060フラれて気づいた恋もある丸尾みほ武藤裕治渡辺健一郎渡辺伸弘
97.06.0661フラれて泣いてる私じゃないよ平見瞠玉野陽美木村隆一阿部航
97.06.1362燃えつきちゃったの今年の夏は金春智子桜井弘明氏家章雄
望月謙
97.06.2063噂は信じちゃダメなのよ桶谷顕福多潤高橋幸雄亀井隆
97.06.2764どっかにあるでしょホントのことが丸尾みほ鈴木吉男音地正行
97.07.0465そして二人はロングバイバイ金春智子玉野陽美小西洋子
97.07.1166逃げちゃえ逃げちゃえ海越えて平見瞠大地丙太郎福多潤アベ正己
97.07.1867ニューヨークったらサスペンス桶谷顕桜井弘明渡辺健一郎渡辺伸弘
97.07.2568渡る世間は謎ばかり丸尾みほ武藤裕治木村隆一阿部航
97.08.0169あなたの瞳もエメラルド金春智子大地丙太郎和田裕一氏家章雄
望月謙
97.08.0870ランチタイムは危険な感じ平見瞠高橋幸雄亀井隆
97.08.1571寝耳に水の母だった丸尾みほ桜井弘明鈴木吉男原憲一
97.08.2272知りすぎちゃったの私の秘密桶谷顕玉野陽美小滝礼音地正行
97.08.2973アメーリカンなバカ親子金春智子大地丙太郎福多潤アベ正己
97.09.0574母はいそいそ悪だくみ丸尾みほ小滝礼渡辺健一郎渡辺伸弘
97.09.1275娘よどこにマンハッタン桶谷顕福多潤木村隆一阿部航
97.09.1976帰っちゃおーかな帰ろかな金春智子桜井弘明氏家章雄
望月謙
97.09.2677パパよ、あなたが悪かった金春智子玉野陽美和田裕一原憲一
97.10.0378最初で最後の母子でケンカ桶谷顕小滝礼福多潤アベ正己
97.10.1079父になれない父もいた渡辺健一郎渡辺伸弘
97.10.1780も一度歌って3・2・1静谷伊佐夫桜井弘明音地正行
97.10.2481ハロー・グッバイ・私の恋大地丙太郎和田裕一渡辺はじめ
97.10.3182あれからウチらはイー感じ平見瞠藤森カズマ木村隆一阿部航
97.11.0783ベストカップルばかりカモ丸尾みほ大地丙太郎桜井弘明氏家章雄
望月謙
97.11.1484ジャーマネちゃんはピーチピチ中瀬理香小滝礼福多潤アベ正己
97.11.2185言えねえセリフもあったとさ平見瞠福多潤小滝礼原憲一
97.11.2886見えなくなったら見えてきた金春智子玉野陽美渡辺健一郎渡辺伸弘
97.12.0587たたカレおわカレどこへ行く?丸尾みほ大地丙太郎
福多潤
玉野陽美音地正行
97.12.1288いつか来たのネこんな日が中瀬理香玉野陽美木村隆一阿部航
97.12.1989イヴにハレルヤ?我がココロ金春智子藤森カズマ小滝礼氏家章雄
望月謙
97.12.3090メカハヤマハハハハハハヤマ金春智子桜井弘明
魔法の呪いはベベンのベンキ平見瞠大地丙太郎
98.01.0991明けましちゃったらファンが来た日色如夏福多潤アベ正己
98.01.1692ちっともカンタン算数ビデオ金春智子小滝礼渡辺健一郎渡辺伸弘
98.01.2393おんなじ名前で出ています丸尾みほ大地丙太郎和田裕一原憲一
98.01.3094転げてハジケりゃこどちゃな春よ中瀬理香福多潤木村雄一阿部 航
98.02.0695おさまりましたね元のサヤ金春智子玉野陽美氏家章雄
望月謙
98.02.1396待っててスグ行く大人の恋丸尾みほ大地丙太郎小滝礼音地正行
98.02.2097しあわせ計画・金貸して金春智子藤森カズヤ和田裕一時永宣幸
98.02.2798お姉ちゃんたら恋模様丸尾みほ桜井弘明渡辺健一郎渡辺伸弘
98.03.0699カラテ部ヨイトコちょとオイデ平見瞠福多潤原憲一
98.03.13100黒板消しが消えていた中瀬理香小滝礼福多潤阿部航
98.03.20101三人そろって消えていた金春智子桜井弘明氏家章雄
望月謙
98.03.27102こどちゃは続くよどこまでもーー平見瞠大地丙太郎玉野陽美音地正行

スタッフ

  • 原作 - 小花美穂
  • 監督 - 大地丙太郎
  • キャラクターデザイン - 渡辺はじめ
  • 作画監督(総作画監督) - 時永宜幸
  • 美術監督 - 土師勝弘→中山恭子
  • 撮影監督 - 羽山泰功→赤沢賢二
  • シリーズ構成/演出協力 - 高橋良輔
  • 音楽 - 冨田恵一→安部純、武藤星児
  • 音響監督:浅梨なおこ→山田智明
  • プロデューサー - 小林教子(テレビ東京)、松下洋子(NAS)
  • シリーズ構成 - 平見瞠(83 - 102話)
  • 色彩設定 - 横井正人→藤田弘美
  • 編集 - 松村正宏、山森重之
  • タイトル - マキ・プロ
  • 現像 - 東京現像所
  • 音響効果 - 岡瀬晶彦(東洋音響)→神保大介(スワラプロダクション)→横山正和→須藤輝義→有田利樹(スワラプロダクション)
  • プロデューサー補 - 早乙女弘→小林功治→重松征史
  • 制作担当 - 杉村重郎
  • 制作デスク - 三谷太地
  • 広報担当 - 神宮綾→佐伯真美(テレビ東京)
  • アニメーション制作 - スタジオぎゃろっぷ
  • 製作 - テレビ東京、NAS

主題歌

  • OP
    1. 「19時のニュース」(#1 - #44)
      作詞 - 朝水彼方/作曲・編曲 - 西脇辰弥/歌 - TOKIO
    2. 「ウルトラリラックス」(#45 - #102)
      作詞・作曲・編曲 - 石野卓球/歌 - 篠原ともえ
  • ED
    1. 「パニック!」(#1 - #39)
      作詞 - 増田めぐみ、吉田将樹/作曲・編曲 - 今井健又/歌 - Still Small Voice
    2. 「DAIJO-BU」(#40 - #74)
      作詞 - 大地丙太郎/作曲 - 伊藤可久/編曲 - 安部潤/歌 - 引田とも子 with ばびっと隊
    3. 「PINCH〜Love Me Deeper〜」(#75 - #102)
      作詞 - 朝水彼方/作曲 - ジョーイ・カーボーン、マイク・エジズィ/編曲 - 松井寛/歌 - 知念里奈
  • IM
    1. 「Good-bye love,」(#8,#10)
      作詞 - 工藤順子/作曲 - JOEY CARBONE & DENNIS BELFIELD/編曲 - 富田惠一/歌 - 小田靜枝

原作とアニメのセリフの違い

  • 碧乃(剛の妹)がポシェットの中の鶏の卵が孵るのを楽しみにしていることを紗南が知り、すぐさま剛に孵る卵か聞いたとき、原作の表現では有精卵と無精卵であるが、アニメでは有精卵を特別な卵、無精卵をふつうの卵と表現している。
  • 原作の紗南のセリフにて「なんで私のこと中絶しなかったの?」が、アニメでは「なんで産むのやめようと思わなかったの?」になっているなど、アニメで中絶という言葉は一切使用していない。

リリース

CDは、ソニーレコードより発売。 VHSは、ソニー・ミュージックエンタテインメントより発売されていた。(後半の数巻のみSPE・ビジュアルワークスに表示変更) LD,DVDは株式会社SPE・ビジュアルワークスより発売・販売。

CD

  • DAIJO-BU
  • パニック!
  • こどものおもちゃ サウンドトラック

VHS

こどものおもちゃ Vol.1~25

DVD

  • こどものおもちゃ Vol.1~12
  • こどものおもちゃ 中学生編 Vol.1~12

DVD-BOX

  • こどものおもちゃ~小学生編~ DVDコレクション
  • こどものおもちゃ~中学生編~ DVDコレクション

LD-BOX

小学生編と中学生編に分け、発売。購入者特典として、劇中で紗南が歌っていた曲をすべて収録したCDが付いてきた。

DVD-BOX 2010年再発売

  • こどものおもちゃ 小学生編DVD-BOX1
  • こどものおもちゃ 小学生編DVD-BOX2
  • こどものおもちゃ 中学生編DVD-BOX1
  • こどものおもちゃ 中学生編DVD-BOX2

原作者描き下ろしジャケットや前回のDVDには未収録だった映像特典などが追加される予定。

2010年に再発売されるDVD-BOXは、権利元の関連会社のスーパー・ビジョンより発売される。販売元:株式会社NTB

OVA

上記テレビアニメの放映開始の前年(1995年12月16日)にリリースされた30分のオリジナルビデオアニメ。これはりぼん創刊40周年企画の「りぼんわくわくアニメシアター」というイベントで放映されたアニメが、ビデオとして発売されたものである1。制作はJ.C.STAFF。スタッフ・担当声優は後のテレビ版とは全く異なっている。ストーリーは原作初期の紗南が羽山の更生を目指すエピソードが採用された。テレビアニメ版とは対照的に極めてシリアスな作りになっている。2009年現在も入手可能で、同じエピソードのテレビアニメ版と見比べる事が出来る。

水の館

劇中劇。紗南と直澄が主演した映画作品。コミックス第5 - 6巻はこの映画のロケ先でのストーリーとなっている。連載終了後に同名の漫画が「倉田紗南・加村直澄主演」という形で読みきりで描かれた。ストーリーとしては完全に独立したものとなっているが、シーン各所で『こどちゃ』で描かれていたシーンとリンクしている。『こどものおもちゃ』の番外編ではなく独立して発売された『水の館』のコミックスには、「メイキングおまけ漫画」も入っている。

その他

  • トミーが商品化したノリノリマシーンをJUDY AND MARYのメンバーが非常に気に入り、アルバム『POP LIFE』の1曲目「ドュビドュバディスコフィーチャリング・サイコ・セクシー」という曲で使用している。またこの曲は「ミュージックファイター」という曲に繋がっており、ライブではメンバーのTAKUYAがノリノリマシーンを実際に持っている姿も見られた。
  • アニメソングが充実しているカラオケマシーンでは、小六隊がアーティストとしてしっかり登録されているものもある。
  • この番組を最後に『姫ちゃんのリボン』以来続いた金曜18:00枠におけるぎゃろっぷ制作の女児向けアニメシリーズは廃枠となった。なお、次番組『カウボーイビバップ』以降は男児向けアニメが続いたため、この時間帯における少女向けアニメ番組は2006年4月7日スタートの『きらりん☆レボリューション』まで登場しなかった(ただし、『きらレボ』は2006年3月以前は『彼氏彼女の事情』・『とっとこハム太郎』など金曜18:30枠のアニメ作品を担当していたテレビ東京メディアネット(旧SOFTX)の枠であり、NASとは無関係である)。

外部リンク

ko:아이들의 장난감